読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PIC18F23K20 電子工作を始めよう #1

PIC18F23K20を用いて電子工作入門記事を書いていきます。

開発環境は

microchip社のMPLAB X IDEとMPLAB Code Configurator

今回は使用部品の紹介です。

 

電子工作界では有名な秋月電子から購入できるものを使用します。

この記事で紹介する部品は

マイコンの初歩であるLチカ(LED点滅)を行う最低限の部品です。

PIC18F23K20

使用するマイコンです。MCCがサポートされている点、安価な点でこちらを採用

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-05383/

※現在は秋月電子で販売していないようです。

かわりにこちらを使いましょう。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-05397/

PICkit3

PICに書き込みを行うためのツールです。お高め。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-05383/

ブレッドボード

回路の実験用に使われる板です。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-09257/

ジャンパー線

ブレッドボード上での配線を行います。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02315/

LED

LEDです。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01318/

タクトスイッチ

スイッチを押すことでショートさせます。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-03646/

カーボン抵抗

1kΩLED用

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-25102/

10kΩプルアップ、ダウン用

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-25103/

セラミックコンデンサ

0.1ufバイパスコンデンサ用

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00090/

部品を買い揃えたら以下の回路図のようにブレッドボードへ組みましょう。

配線する際はpicのデータシートの外形図を参考にするとよいでしょう。

http://akizukidenshi.com/download/ds/microchip/PIC18F23K20_24K20_25K20_26K20_43K20_44K20_45K20_46K20.pdf

 

 

f:id:Hamakita:20170404231133p:plain

pic18f23k20のパーツライブラリがなかったので21~28ピンはピン割り当てが少し違うので注意。今は気にしなくてよいです。

ブレッドボードへは下の例を参考に配線してください。

黒い基板はブレッドボード用の電源基板です。12vから5vと3.3vを流してくれます。

3.3vマイコンなので3.3vを流してください。

アマゾンで購入できます。便利なのでおすすめです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B010PZZX74/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

12vACアダプターはこのあたりが使えます。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-06642/

f:id:Hamakita:20170404234410j:plain

今回はここまで

#2へ続く